素地の樹脂パーツが似合う意外なクルマを振り返る1970年代のクルマでは、外装部品のほとんどがスチール製でした。その後、1980年代にはバンパーは樹脂製が主流となり、今ではフロントフェンダーやリアゲートも樹脂製というクルマも珍しくありません。素地の樹脂パーツが似合う意外なクルマたちなかでもバンパーは早期から樹脂製に置き換えられ、材質はポリプロピレン(PP)が主に使われ、このPP製バンパーは軽量で安価、衝突時