ある旅客機の搭乗客が、意識を失ったパイロットに代わり着陸を成功させた。現地10日、飛行経験ゼロのダレン・ハリソンさんが乗ったセスナ機は、バハマから米フロリダへ向かう上空9000フィートで、パイロットが意識不明となる緊急事態に陥った。連絡を受けた航空管制官は、唯一の乗客だったハリソンさんに操縦を依頼した。 航空管制官のロバート・モーガンさんは、プリントアウトしたコックピットの写真を