【AFP=時事】ウクライナの首都キーウで行われている、ロシアによる侵攻開始後初の戦争犯罪をめぐる裁判で20日、最終弁論が行われ、戦争犯罪と計画的殺人の罪に問われているワディム・シシマリン(Vadim Shishimarin)被告(21)の弁護側は、無罪判決を下すよう求めた。判決は23日に言い渡される予定。被告は、侵攻開始直後に民間人(62)を殺害したと認めているが、弁護人は「シシマリン被告は罪に問われている犯罪に関して有罪