Appleは現地時間5月17日、障がいを持つユーザーがApple製品を最大限に活用するための新たな機能を発表しました。目の不自由な方のためのドア検知機能が導入され、身体や運動に障がいがあり、音声コントロールやスイッチコントロールに頼っている方はApple WatchミラーリングでiPhoneからApple Watchを完全に制御できるようになります。ドア検知機能で目的地までの最後の数メートルを支援ハードウェア、ソフトウェア、機械学