2022年1月27日、カタール・ワールドカップのアジア最終予選を戦う日本がホームで中国と対戦。立ち上がりからボールを支配すると、13分に大迫のPKで先制する。しばらく1−0のまま進み、61分には中山のクロスに合わせた伊東のヘッドで追加点を奪った。相手に決定機を与えない内容で勝点3を積み上げた日本の戦いぶりについて、日本サッカー協会の田嶋会長は次のようにコメントしている。 「新型コロナウイルスの感染拡大