今、40代半ば以上の人材の扱いに課題を抱えている企業が増えています。経験豊富であるにもかかわらず、なぜパフォーマンスが下がってしまうのか。読み解くカギは「個人のストレス対処能力」にありました。ストレス対処能力は「前向き度」と「自己信頼度」という指標で測られます。前向き度を構成する要素は、「有意味感」「処理可能感」「把握可能感」の3つ。自己信頼度を構成する要素は、「効力予期」「結果予期」の2つ。それぞれ