26日、ワールドカップアジア最終予選の対戦を前に中国代表のリ・シャオペン監督が日本戦に「まだ希望はあるので明日の試合は全力で臨む」と意欲を見せた。中国代表は1月12日から長期の合宿を行い、多くの選手から選抜を行ってきた。また帰化選手もDFタイアス・ブラウニング、MFアランが加わっている。対する日本代表は吉田麻也と冨安健洋のレギュラーCBが不参加と窮地に追い込まれている。敗れると3位以内が苦しくなる中国だが、リ