ACミランの最終ラインに怪我人が続出していた状況のなか、はたしてその離脱者たちの代役がここまで奮闘する姿をどれほどの人が想像しただろうか。年明け以降に代役センターバックとして誰もが驚く活躍を見せているのは、まだ若いU-21フランス代表DFピエール・カルル(21)だ。前所属のリヨン下部組織時代こそCBでプレイしていたものの、2020年夏のミラン加入以降は右サイドバックを中心に活動していたカルル。チーム事情が苦しいな