【AFP=時事】フランスで24日、新型コロナウイルスワクチンの接種者のみに飲食店や公共交通機関の利用を認める新法が発効し、「ワクチンパス」が導入された。議会ではこれに先立ち、同法の詳細をめぐって審議が紛糾していた。新たな規則により、レジャー活動や業務上の行事への参加、長距離移動の際にこのパスの提示が求められ、新型ウイルス検査での陰性証明だけでは不十分となる。ブリュノ・ルメール(Bruno Le Maire)経済