プラットフォームのブラックボックスぶりが問題となっています。フランスの控訴裁判所は20日、Twitterに対し、ヘイトスピーチ対策の詳細を開示するよう命じました。放置されるヘイトスピーチこの判決は、Twitterのヘイトスピーチ削除基準が曖昧であるとする、6つの反差別団体からの訴えが元となっています。これらの団体によれば、差別的であるとのフラグが立った後、48時間が経過してもプラットフォームから削除されるのは