Apple WatchやFitbit Versaなどのウェアラブルデバイスにおいて、光センサーを使って生体信号を測定する場合、肌の色や肥満により測定誤差が大きくなるとの研究結果が発表されました。色黒の肌や肥満体型のユーザーで、反射光減少フロリダ国際大学のジェシカ・ラメラ・ローマン准教授が、メラニン色素の多い色黒のユーザーや肥満体型のユーザーの生体信号測定を行う際に光センサーを利用する場合、調整しないと正しい値が測