【AFP=時事】米宇宙技術会社マクサー・テクノロジーズ(Maxar Technologies)は22日、南太平洋の島国トンガで発生した海底火山の噴火前後の衛星写真を公開した。画像はトンガのノムカ(Nomuka)島とマンゴ(Mango)島のもので、噴火後の画像には島の中央が広く火山灰で覆われている様子や、被害を受けた港や民家の姿が捉えられている。【翻訳編集】AFPBB News■関連記事・トンガ噴火、まるで「原子爆弾」 被災地から証言・「生