【AFP=時事】東アフリカのウガンダで、新型コロナウイルス対策として2年近く閉鎖されていた学校が今月10日、再開された。国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)によると、2020年3月に始まったウガンダの学校閉鎖は世界最長の83週間続き、初等・中等教育の児童・生徒1000万人以上が影響を受けた。子どもたちが学校再開を喜ぶ中、教師はマスク着用や手洗いなどの感染対策を呼び掛けた。しかし、外出制限やロックダウン(