【AFP=時事】国連(UN)は14日、政府軍と反政府勢力「ティグレ人民解放戦線(TPLF)」との紛争が続くエチオピア北部ティグレ(Tigray)州で年明け以降相次ぐ空爆により、民間人少なくとも108人が死亡したと発表した。国連はまた、ティグレ州で食料支援活動が停止寸前に追い込まれていることから、同州に人道危機が差し迫っていると警鐘を鳴らした。国連のアントニオ・グテレス(Antonio Guterres)事務総長はツイッター(Twit