冷静に決めた股抜き弾――。周囲はそう感じていたが、さすがに緊張感があったようだ。現地時間12月4日に開催されたラ・リーガ第16節のアトレティコ・マドリー戦で、今シーズン初ゴールを決めたのが、マジョルカの久保建英だ。1点ビハインドの74分から途中出場を果たした日本代表MFは、1‐1に追いついて迎えた後半アディショナルタイム1分、カウンターから裏のスペースに抜け出て独走。最後は世界屈指のGKであるヤン・オ