【AFP=時事】南フランスで、引退生活を送る男性(81)の自宅から約100匹の猫の死骸が見つかった。動物愛護団体が6日、明らかにした。男性がニース(Nice)市内で入院したことを受けて、5日に男性宅を訪れためいが猫の死骸を発見し、団体に通報した。地元紙ニース・マタン(Nice Matin)によると、猫の死骸の大半はプラスチック製や木製の容器に入れられていた。生きて救出された猫も20匹以上いたが、いずれも深刻な栄養不足で