あらゆるコンテンツが一台のスマホで楽しめるようになった現代。デジタル化の恩恵を享受できる一方、かつて隆盛を誇った出版、音楽、写真などの業界は「斜陽産業」とも揶揄される。以前は羨望の眼差しを向けられていた多くの“業界人”が「泥船から逃げだそう」と現場をあとにした。若ければいくらでも転職先はあるだろうが、中年ともなればそうもいかない。その後、彼らはどこで何をしているのか--。◆中年の雑誌編集者に待ち