以下の内容はhttps://news.livedoor.com/topics/detail/21301370/より取得しました。


堀口恭司(撮影は2018年)【写真:Getty Images】THE ANSWER

ざっくり言うと

  • 堀口恭司が現地時間3日の世界バンタム級タイトルマッチに臨んだ
  • 優勢に試合を進めていたが、4回終了間際にまさかの逆転KO負け
  • ネットでは「ブーイングがなかったら」などと惜しむ声が相次いでいる

ランキング




以上の内容はhttps://news.livedoor.com/topics/detail/21301370/より取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.14