「千年の恋も冷めた瞬間」とはよく聞くフレーズだ。「いいな」と思っていた意中の相手でも、行動ひとつで嫌になることもある。京都府在住の有希さん(仮名・36歳)は、人生でたった一晩だけ‟苦いクリスマス”を過ごしたという。「記事にして供養してください」そう語る彼女に、一体何があったというのか。◆飲み屋で出会ったお金持ちの彼当時ギャルだった有希さんは地元を離れ、進学で京都にやってきた。楽しい学生生活