【AFP=時事】イタリア・セリエAのユベントス(Juventus)は27日、疑わしい移籍と不正会計があったとされる問題で、検察当局の捜査を受けていることを発表した。ユベントスについては、過去3シーズンの移籍取引と、同じ時期の決算書の作成方法が疑われており、トリノ(Turin)検察の指令で26日、クラブ事務所の家宅捜索が行われた。検察は、クラブが間違った情報を投資家に伝え、存在しない取引の請求書を発行した疑いを持ってい