ドライバーの技量が試されたスポーツカーを振り返る1979年に、日産は日本初のターボエンジンを搭載した「430型 セドリック/グロリア」を発売。その後、1980年代にはターボエンジンやDOHCエンジンが次々に登場したことによって、クルマの高性能化が一気に進みました。アナログな魅力があふれるハイスペックなスポーツカーたちこの高性能化に欠かせなかったのが、コンピューターを使った電子制御です。【画像】アナログな部分が