【AFP=時事】米製薬大手ファイザー(Pfizer)と独ビオンテック(BioNTech)は21日、共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、追加接種(ブースター接種)用途での第3相臨床試験(治験)で95.6%の発症予防効果が示されたと発表した。試験は16歳以上の1万人を対象に、変異株「デルタ株」のまん延中に行われた。新型ウイルスワクチンの追加接種に関する試験結果が出るのは初めてとされる。3回目接種の安全性は良好である