【AFP=時事】イスラエルの死海(Dead Sea)にほど近い砂漠で17日、集団ヌード写真で知られる米国の写真家スペンサー・チュニック(Spencer Tunick)氏(54)による撮影が行われた。全身を白く塗ったヌードモデル約200人が撮影に臨んだ。縮小し続ける死海をヌード写真を通じて捉える試みで、今回の撮影が3回目となる。イスラエル観光局が委託した。「私にとって、体は美と生命、そして愛を表す」と語るチュニック氏は、これまで