【プロはこう見る 経済ニュースの核心】衆院選まで「株式は買い」は続く 最大の売買手がかり材料だから日本初のユニコーン企業で、マザーズに上場の「メルカリ」(山田進太郎社長兼CEO)の時価総額が一時、1兆円を超えた。「新興市場では東映アニメーション、日本マクドナルドホールディングスなどが時価総額上位ですが、メルカリは9月14日の終値でこれらを抜き去りトップに立った」(大手証券幹部)という。株価を急騰させ