プホルスはエンゼルス移籍に「後悔はない」エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)のアスレチックスとのオープン戦で今季初実戦登板し、最速100マイル(約161キロ)をマークして二刀流復活に向け好スタートを切った。将来の野球殿堂入りが確実視されるアルバート・プホルス内野手は大谷の能力を称賛しつつ二刀流に持論を展開している。米全国紙「USAトゥデイ」は今シーズンで現役引退の噂もあるプホルスを特集。まずは