色自体も、アイテムも、スタイリングも。すべてに品や穏やかさを含ませることで「見た目も心地よく」仕上げることがキレイな色をうまく操る方法。品行方正なカジュアルに「向く色」の最終選択に有効なアプローチをご紹介。BLUE IN BLUE>> 清廉さを与える「軸色&アイテム扱いのブルー」クラシックな味わいのあるコバルトやロイヤル系の深く高貴な色。配色の幅を増やすグレイッシュな色み。「冷たさのあるブルー」ならあたたかみの