【AFP=時事】(写真追加)女子体操の五輪米国代表監督を務めたジョン・ゲダート(John Geddert)容疑者が25日、人身売買や性的暴行の罪で訴追された数時間後に自殺しているのが見つかったと、同国ミシガン州のダナ・ネッセル(Dana Nessel)司法長官が明らかにした。長官は「きょう午後遅く、自殺したジョン・ゲダートの遺体が発見されたとの報告を受けた」と公表し、「関係者全員にとって、悲劇の物語の悲劇的な結末だ」と述べ