<みきーるの女子マインド学>“一番”という肩書きには、とてもインパクトがあります。「一番優秀だからそのポジションを得たのだろうし、すごく価値があるのだ……」。そう思って、誰もが“一番”と名の付くものには一目置くし、人であればほめられることもありましょう。実績を正しく評価されて賛辞を得るのは、もちろんいいことです。けれど、もしも人を下げて無理矢理“一番”になっているなら、ぜひとも考え直すべき。