米データサイト「ファングラフス」の記者が指摘「DHとクローザーの役割を組み合わせる」今季メジャー4年目を迎えるエンゼルスの大谷翔平投手。トミー・ジョン手術からの復帰を果たした昨季は右屈曲回内筋群の損傷で、投手としてはわずか2試合の登板に終わり、今季は再び二刀流復活を期すシーズンとなる。これまで中6日や中7日での先発登板、そしてその合間に打者として出場するというプランで起用されてきた大谷の二刀流。だが