1月10日に初日を迎えた大相撲初場所は、十両以上の16人を含む65人の力士が休場となった。【写真】うっすらと口ひげを生やした白鵬。稽古中。右手にはサポーター場所直前に横綱・白鵬の新型コロナ感染が判明すると、協会は全協会員へのPCR検査を実施。九重部屋、友綱部屋の力士らが陽性となり、それ以前に感染が判明していた部屋を含め、全力士665人の約1割にあたる力士が休場に追い込まれたのだ。「出場力士が少ないから取組開