9月16日、ブリヂストンは北フランスにあるべチューン工場を「2021年に閉鎖することを検討」していると発表しました。1961年から約60年近く続いてきた大手企業の「突然の閉鎖発表」に、従業員、労働組合だけでなく、産業担当大臣をはじめとする政治家やメディアが一斉に批判を始めました。「言語道断のやり方で言語道断の措置を取る日本企業」「突然の閉鎖は裏切りだ」「閉鎖する以外のあらゆる道を模索するべき」「おぞましい