以下の内容はhttps://news.livedoor.com/topics/detail/19147025/より取得しました。


英ロンドン塔の護衛兵ヨーマン・ウォーダーで、カラスの飼育係「レイヴンマスター」を務めるクリス・スカイフさん(2020年10月12日撮影)。(c)TOLGA AKMEN / AFPAFPBB News

ざっくり言うと

  • 英国では、ロンドン塔からカラスがいなくなると国が崩壊するとの伝承がある
  • ロンドン塔で飼育されているカラスは、コロナ禍で人間が減り生活様式が一変
  • 飼育係はカラスを退屈にさせないため、おもちゃを用意するなど工夫を講じた

ランキング




以上の内容はhttps://news.livedoor.com/topics/detail/19147025/より取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13