【AFP=時事】フランスプロサッカーリーグ連盟(LFP)の規律委員会は30日、先日の試合で人種差別発言と同性愛嫌悪発言をしたのではないかと疑われていたパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)のFWネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)とオリンピック・マルセイユ(Olympique de Marseille)のDFアルバロ・ゴンサレス(Alvaro Gonzalez)に対し、処分を科さないと発表した。世界最高額選手であるネイマールは