アルゼンチンサッカー協会(AFA)のクラウディオ・ファビアン・タピア会長は、レオ・メッシ退団騒動について言及し、FCバルセロナに苦言を呈した。 「最近のバルセロナでのメッシの扱いが気に入らなかった。プロとして、彼はバルセロナにすべてを捧げてきた。10年間世界ナンバーワンであり続けることは、非常に難しいことだ」また、同会長はメッシのこれまでの功績についても触れ、バルサの態度を批判した。「幼い頃から彼は