中国が開発を進めている大量の無人機による自爆攻撃が世界の脅威となっている。2019年9月、サウジアラビアの石油施設が無人機と巡航ミサイルで攻撃され、激しく燃えた。イエメンの反政府勢力「フーシ」が犯行声明を出した。燃え跡から出てきた焼け焦げた大型の無人機は、イラン製に類似している。また、これらの兵器の射程、イラン方向からの攻撃であることから、実際には、イエメンの反政府勢力「フーシ」の背後で、イラン