長崎県の国営諫早湾干拓事業をめぐり、潮受け堤防排水門の開門を命じた確定判決(2010年)を強制しないよう国が求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は13日、国側の訴えを認めて「開門しない」とした二審の福岡高裁判決を破棄し、審理を同高裁に差し戻しました。(関連記事)最高裁は、確定判決の時点の漁業者の共同漁業権が免許期間の経過で消滅し、開門を求める権利も失われたとした二審判決