ジャクソン・ポロックの絵画の贋作などを含み、被害総額約8,000万ドルと米国史上で最大となった美術品詐欺。この詐欺事件を暴くうえで大きな役割を果たしたが、贋作鑑定人、ジェイミー・マーティンだ。「「米国史上最大の美術品詐欺」を、贋作鑑定人はどう暴いたか」の写真・リンク付きの記事はこちらそのジャクソン・ポロックの絵画は、どこか変だった。まず、実体顕微鏡による3D画像から、記されたサインが針でトレースされてい