衆院財務金融委員会で2月29日、特例公債法案と所得税法等改定案についての参考人質疑が行われ、日本共産党の宮本徹、宮本岳志両議員が質問に立ちました。特例公債法案について静岡大学の安藤実名誉教授は、予算の単年度主義に反し、財政法違反の赤字国債発行を常態化する法案であり、認めれば国会の自殺行為になると批判。「公債発行によって税負担軽減の恩恵を受けてきた財界が相当の税負担をすべきだ」とのべました。宮