4日の記者会見で日本共産党の志位和夫委員長は安倍晋三首相が憲法学者の7割が自衛隊を憲法違反の疑いを持っていることを持ち出して憲法9条2項の改定に言及した問題を問われ、「憲法学者と言うなら、95%の憲法学者が『反対』『違憲』だと言っている安保法制(戦争法)をなくすべきです。よく言えたものだとあきれました」と批判。「9条の改変は絶対反対です」と強調しました。志位氏は、首相が3日の衆院予算委員会で戦