写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京メトロは、「オープンデータ活用コンテスト」を9月12日から実施する。全線の列車位置、遅延時間等に関する情報をオープンデータで公開し、同データを活用したアプリの開発を競うコンテストとなる。賞金総額は200万円、グランプリは賞金100万円が贈呈される。

同社はホームページで公開中の列車時刻表、駅別乗降人員、バリアフリー等の情報に加え、東京メトロ全線の列車位置、遅延時間等に関わる情報(方向、列車番号、列車種別、始発駅・行先駅、車両の所属会社)などの情報をオープンデータ化する。日本の鉄道事業者としては初の試みになるという。

同社はこのデータを活用したアプリ開発コンテストをYRP ユビキタス・ネットワーキング研究所の協力により実施する。募集期間は9月12日から11月17日まで。年齢・性別・職業・国籍は問わず、誰でも応募可能。受賞作は東京メトロ10周年スペシャルサイトにも掲載する。

アプリ開発コンテストを通じて、同社では、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を見据え、日本はもとより海外からの利用者にも利便性の高いアプリの開発を後押ししたい考え。

(記事提供:AndroWire編集部)