EMONSTER S11HT

写真拡大 (全22枚)

イー・モバイル 「EMONSTER S11HT」(以下S11HT)は、HSDPA3.6Mbps(下り最大)の高速通信を誇るスマートフォンだ。

サービス開始当時、高速通信がセールスポイントであったイー・モバイルだが、通信エリアの狭さや音声通話などへの対応が遅れていたなどの懸念点を整備して単月ながら純増数でauを抜くまでになった。

S11HTはGPSによるナビ機能、EMnetメールなどのサービスにも対応し、ハードウエア面では国内スマートフォン初のチルト式ディスプレイ、スライド式QWERTY配列キーボードも内蔵している。OSにはMicrosoft Windows Mobile 6 Professional Editionを搭載している。

EMONSTER S11HTクローズスタイルEMONSTER S11HTオープンスタイル(チルト)

■3スタイルが選べる本体
チルト液晶が特徴のS11HTだが、本体サイズも幅59×高さ112×厚み19.0mm(キーボード収納時、突起部を除く) 、重さ 約190g(スタイラスペン、電池パックを含む)と、コンパクトだ。
特に厚みは20mmを切っており、スライドキーボード内蔵型ながらホールディングは良い。

S11HTクローズスタイル右からS11HTクローズスタイル左から

一番の特徴のチルト液晶は見やすく。液晶の固定もしっかりしており中間の角度でも倒れることもない。

S11HTオープンスタイル(チルト)右からS11HTオープンスタイル(チルト)左から

液層の動きはスライドを引き出して液晶をおこすだけだが、一連の動作は一定の負荷で動かすことができるため扱いやすい。ものつくりの精度は高い。

オープンスタイル(チルト)オープンスタイルオープンスタイル(チルト)

■置いても持っても使えるスライド式キーボード
スライド式QWERTY配列キーボードは、均等サイズキーを採用。上面のソフトキーは小型で上部キーの割り込んでいる。キーのタッチは、個体差かもしれないが中央と周辺で若干異なっている。周辺キーのストロークがやや甘く打鍵ミスが気がかりだったが試用中での取りこぼしは特になかった。

チルト液晶ということもあり、本体をデスクなどに置いても、移動中にキーボードを引き出すだけでも使うことができる。

QWERTY配列キーボードQWERTY配列キーボード

■意外と薄い側面
右側面には電源ボタンとカメラボタンを備える。左側面にはジョグホイールを備える。

右側面左側面