23歳差婚したラブラブ夫婦に聞く衝撃なれそめ「小学生の時から“老け専”で」

 声優や歌手としても活躍するプロ雀士の汐宮あまねさん(32歳)。今年6月にプロ競技麻雀団体RMUの副代表の阿部孝則さん(54歳)と入籍した二人の年の差は、なんと23歳差!
 愛らしいロリータファッションに身を包むあまねさんと、日本を代表するレジェンド雀士阿部さん。先日『新婚さんいらっしゃい!』(ABCテレビ系)にも出演を果たし、ネットでも話題沸騰の二人に、仲良し夫婦生活の秘訣を聞いてみました!

◆最初のアプローチは阿部さんから

――二人の最初の出会いはいつだったのですか?

汐宮あまねさん(以下、汐宮)「3年くらい前です。パパが副代表をしているプロ競技麻雀団体RMUに所属することになって、自然と顔を合わせるようになりました」

――パパ?! 阿部さんのことをそう呼んでいるんですか?

汐宮「あ、はい(笑)。付き合い始めの時に提案されたんです」

阿部孝則さん(以下、阿部)「一番しっくりくるんじゃないかと思って」

――確かに父娘といってもいい年齢差ではありますが(笑)。それに、プロ雀士としても立場的にはかなり歴差がある師匠・弟子の関係なんですよね。そんな二人がどのような経緯で恋愛関係になったのでしょうか?

汐宮「きっかけとしては、私が主催した『老け専麻雀大会』なんです。45歳以上のRMU所属のプロ雀士限定の大会で。ガチの老け専としては本当は50歳以上限定にしたかったんですけど、ハードルを下げました(笑)。パパはそこで優勝したんですよ」

――さすがです!

汐宮「その打ち上げで初めてちゃんとお話をしたんですが、帰りに二人きりになる瞬間があったんです。池袋駅のホームの階段で『今なら誰にも見えないから、手つないでもいい?』とパパの方から言われまして……」

――阿部さん、意外と積極的ですね!

阿部「酔っ払ってたんですよ(笑)。特に深く考えての行動じゃなかったんですが、嫌だと言われたらショックだったでしょうね」

汐宮「でも、そこから半年くらいは何も発展しませんでした。ただ、その間に私が人間関係で色々と悩んでいたこともあり、パパが『話を聞こうか?』と言ってくれたんです。それで改めて二人で食事をして、その日からお付き合いを始めました。去年の4月頃のことです」

◆「プロポーズをしてくれるように圧をかけた」(汐宮)
――そこから結婚という運びになったのはいつ頃でしょうか?

汐宮「親に紹介をして一緒に住むことになったのが、去年の11月頭ですね。私は同棲=結婚でしょ、くらいに思っていたので、プロポーズをしてくれるように圧をかけてはいました。私からはしないよって(笑)」

――圧は感じていましたか?

阿部「感じてました(笑)」

汐宮「その時点で婚約指輪はもう作ってたのに、プロポーズがなかったんですよ! 私が『え?なんで』ってなったら、パパが『じゃあ、今しようか』って……」

阿部「いや、僕の感覚からするとプロポーズもしてないのに指輪を作る方がおかしいわけですよ! 僕は何もアクションを起こしていないのに」

汐宮「でも、私は個人的には同棲だけっていうのはちょっとって思ってました。一緒に住むんだったら結婚したかった。そうじゃないと、そのままなぁなぁになりそうで」

阿部「僕の方は入籍にこだわりがあったわけじゃないんですよね」

――ということは、今回の結婚についてはあまねさんの意向が大きかったわけですね。もともと結婚願望は強い方だったのでしょうか?

汐宮「強かったですね。結婚したいというか、可愛いお嫁さんになりたかったんですよ。私、今でこそプロ雀士とかしてますけど、子どもの頃からお嫁さんへの憧れは人一倍強かったんです」

◆小学生の時から年上の男性好き