パドレス入りが報じられたザンダー・ボガーツ【写真:Getty Images】

写真拡大

MLB通算156本塁打の強打の遊撃手

 レッドソックスからFAとなっていたザンダー・ボガーツ内野手が、パドレスと11年2億8000万ドル(約383億7200万円)で合意した。米ニューヨーク・ポスト紙のジョン・ヘイマン記者ら米複数メディアが7日(日本時間8日)に伝えた。全球団へのトレード拒否権がつき、契約破棄権(オプトアウト)もないという。

 30歳のボガーツは2013年にレッドソックスでメジャーデビュー。強打の遊撃手として2013年、2018年のワールドシリーズ制覇に貢献した。今季は150試合出場、打率.307、15本塁打、73打点、8盗塁をマーク。オールスター戦に4度、シルバースラッガー賞に5度選出されている。メジャー通算10年間で1264試合、1410安打、156本塁打、683打点、74盗塁。

 ボガーツについては古巣レッドソックスをはじめ、カブス、フィリーズなど10球団近くが獲得に興味を示していると伝えられていた。有力遊撃手でFA市場に残るのはカルロス・コレア内野手(ツインズFA)、ダンズビー・スワンソン内野手(ブレーブスFA)の2選手となった。(Full-Count編集部)