エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

写真拡大 (全2枚)

ウインターミーティングが閉幕、来オフFAの大谷が早くも話題に

 米カリフォルニア州サンディエゴで行われていたウインターミーティングは7日(日本時間8日)に閉幕した。例年から1日短い3日間で開催された今オフは、FAの目玉だったアーロン・ジャッジ外野手がヤンキースと9年3億6000万ドル(約491億円)で再契約することで合意した。

 大型契約ラッシュで盛り上がりを見せた。ただ、水面下で話題になっていたのが、エンゼルス大谷翔平投手だ。来オフにFAとなる二刀流の去就について、日本人の母を持つロサンゼルス・タイムズ紙の名物コラムニスト、ディラン・ヘルナンデス記者(日本名:渡辺修)に予想してもらった。

 大谷はシーズン終了前の10月1日(同2日)にエンゼルスと年俸3000万ドル(約40億9000万円)で合意。ミナシアンGMは今オフのトレード放出の可能性を否定したものの、勝ちを求める大谷に反してチームは地区優勝した2014年を最後にポストシーズンから遠ざかっている。燻り続ける大谷の去就問題。ヘルナンデス記者は大谷が2023年のウインターミーティングで話題の中心になると断言する。

「やっぱりというか、今年も話題になってますよね。スカウトだけでなく、オーナーの間でも。来年ここに来たら話題はそれだけでしょうね」

今オフまだ大型補強なしのドジャースは「狙いに行くと思います」

 注目されるのが契約の規模だ。近代野球では前例のない二刀流に加え、メジャー球界屈指の人気を誇る。ヘルナンデス記者が「今、大谷以外で球界に人気選手いる?」と言うほどだ。ヤンキースと9年491億円の契約延長で合意した“ジャッジ超え”の契約は間違いないと言う。

「ジャッジの契約は間違いなく超えるでしょう。500ミリオン(約682億6900万円)以上はいくんじゃないですか。年俸4500万ドルで10年契約を結んでも4億5000万ドル。5億ドルは超えるでしょうね」

 では、注目の移籍先は? ヘルナンデス記者は支払い能力のある球団が第1条件になると指摘し、ヤンキース、ドジャースの人気球団を挙げた。特に例年大型補強を敢行するドジャースはここまで“音なし”。今季まで2年連続でぜいたく税の基準額を超えており、大谷がFAとなる来オフを見据えてリセットさせたい狙いがあるとも指摘されている。

「来年ドジャースは狙いにいくと思いますが、どの球団も欲しがると思いますよ。ただ、どこが払えるか。候補はヤンキース、ドジャース、ジャイアンツ、メッツ、レッドソックス、ブルージェイズ、パドレス……。他に払えるところはありますかね?」

 果たしてどのような展開を見せるのか。米球界関係者は二刀流の去就問題に早くも熱い視線を送っている。(小谷真弥 / Masaya Kotani)