「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 - メイキング・オブ・ハリー・ポッター」クリエイティブ・アート
 - ‘Wizarding World’ and all related names, characters and indicia are trademarks of and (c) Warner Bros. Entertainment Inc. - Wizarding World publishing rights (c) J.K. Rowling.

写真拡大

 ワーナー ブラザース スタジオ ジャパン合同会社が1日、2023 年夏に東京都練馬区のとしまえん跡地に「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 - メイキング・オブ・ハリー・ポッター」をオープンすると発表した。本日12月1日は、シリーズ第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001)が日本公開された記念すべき日。施設をイメージしたクリエイティブ・アートも公開された。

 「スタジオツアー東京」は、『ハリー・ポッター』や『ファンタスティック・ビースト』シリーズの映画制作の舞台裏を体験できる、ウォークスルー型の全く新しいエンターテイメント施設。2012年に開業した「スタジオツアーロンドン」は1,600万人以上が来場し、いまだに予約困難という人気ぶりで、「スタジオツアー」の世界2か所目として満を持して東京でオープンする。

 約9万平方メートル(東京ドーム2個分)の広大な敷地に建つこの施設では、映画制作の裏側を学びながら、実際に映画に携わった世界最高峰のクリエイターたちが作り上げた素晴らしいセットの数々を楽しむことができる。ホグワーツ魔法魔術学校の大広間や、魔法界へと続く9と3/4番線のホグワーツ特急、禁じられた森をはじめとした名場面のセットの中を歩けば、憧れの魔法界の一員になった気分になれるはずだ。

 職人たちの技術を結集した小道具や、撮影で実際に使われたコスチュームの数々を間近で見ることができるほか、魔法動物たちに出会えるのもポイント。インタラクティブな体験ができるエリアもあり、ホグワーツ特急の座席に座り、グリーンスクリーン技術を使ってホグワーツへと旅をしたり、ホグワーツの廊下で動く肖像画になってみたり、クィディッチを応援できたりもする。写真や映像を撮ってシェアしたり、映画の製作過程を学ぶクラスなどに参加したりと、スタジオツアーの楽しみ方は自由自在だ。

 ツアー途中のバックロットカフェでは、魔法使いの飲み物であるバタービールを飲んだり、その他のカフェでは英国風の食事やスイーツを食べたりすることもできる。スタジオツアーは日時指定の予約制のため、混雑を避けながら、魔法界を自分にあったスタイルで満喫することができる。(編集部・市川遥)