Twitterを率いるイーロン・マスク氏は、同サービスに「ゴールド(金)、グレー(灰)、ブルー(青)」の新たな認証バッジを導入すると表明しました。

↑pnm-stock/Shutterstock.com

 

Twitterにおける認証バッジといえば、今月には有料プラン「Twitter Blue」で誰でも利用できるようになりました。さらにその後には「公式バッジ」がシステム上に登場したものの数時間で破棄されるなど、混乱が続いています。また、フェイクアカウントによる認証バッジの取得も問題になっています。

 

マスク氏は米国時間11月25日のツイートで、「来週金曜日(12月2日)には、新たな認証を開始する予定です。企業向けにはゴールド、政府機関向けにはグレー、個人(有名人かどうかにかかわらず)はブルーが与えられ、すべての認証済みアカウントはチェックが有効になる前に手動で認証される予定です」と語っているのです。

 

そのほかにもマスク氏は、個人の青い認証マークについて「これまでの注目すべき人かどうかの基準は主観的すぎた」と語ってます。さらに認証された個人が組織の一員である場合、それを示す二次的なロゴが表示されるそうです。

 

なお現時点では、Twitterがどのようにして新たなフェイクアカウントによる認証バッジの取得を防ぐのかは不明です。認証バッジの色よりも、そのバッジが正当なものかどうかが今後の課題となるのかもしれません。

 

Source: Elon Musk / Twitter via 9to5Mac