【農家直伝】なめこの真空パックをドボンで完成!「なめこの卵スープ」熱々をフーフーしてすすりたい♡

写真拡大 (全11枚)

北風が身に染みる季節…。凍えながら帰ってきたら、温ったまるスープが恋しいですよね。そんなときにぴったりのレシピを、栃木県のなめこ農家に教わりました。その名も「なめこの卵スープ」! 農作業の合い間に夕食の支度をする、大忙しの農家御用達レシピなんですって。どれくらいお手軽&おいしいのか、さっそく作ってみましたよ~♪

【【きのこクイズ】Q1「なめこは調理前に洗う?」Q2「なめこは生で食べられる?」なめこ農家がズバリ答えます!件

栃木県で夫と一緒になめこ生産に励む小西聖子さんは、なめこの栽培管理はもちろん、家事や育児にも大忙し!

夕飯も、限られた時間の中で手早く準備しなければなりません。しかも、夕飯を作っている最中に、学校から帰ってきた子どもから「お腹すいた~、何か食べるものない?」と迫られるそうです。

そんなとき、聖子さんが作る定番の即席メニューが「なめこの卵スープ」。お子さんも大好物の料理で、ぺろりと食べてしまうそうです。

フワフワ、トロ~リ♡「なめこの卵スープ」

材料(2~3人分)
なめこ(真空パック)…1パック(約100g)
卵…1個
鶏がらスープの素(顆粒)…小さじ1
しょうゆ…小さじ1
水…3カップ
ゴマ油…少々

作り方
1.鍋に水と鶏がらスープの素を入れて沸騰させる。

2.卵は溶きほぐしておく。

3.1のスープになめこを入れ、再度沸騰したところで2の溶き卵を回し入れる。
(冷凍なめこを使う場合、凍ったまま入れる)

4.しょうゆで味を整え、ゴマ油で香りづけをして出来上がり。

「お好みで刻んだ長ねぎを散らしても、おいしいですよ」(聖子さん)

さっそく長ねぎを散らしてみました。ゴマ油、長ねぎの香りに食欲がそそられます。さっそくいただきまーす。

なめこのエキスが染み出した熱々のスープは、とっても味わい深くて温ったまる~。なめことふんわり卵が相性抜群です。

「食べごたえがある割にローカロリーなんですよ。なめこで食物繊維、卵でたんぱく質を摂れます」(聖子さん)

あっという間に仕上がるので、疲れて食事の支度がおっくうな日に本当におすすめ!

真空パックのなめこは冷凍保存が◎

スープを作るためになめこを買いに行くのは面倒…という方には、真空パックなめこの「冷凍ストック」をおすすめします!

真空パックのなめこは、パックのまま冷凍保存することができます。

「冷凍すれば1か月くらい持ちます。使うときは袋から出して凍ったまま調理するのが、プリプリ食感をキープするポイントです」(聖子さん)

中華スープをはじめ、味噌汁にも凍ったままドボンでOKです。

冷凍なめこを常備して、身を切るような寒さの日は、なめこのスープでポカポカ温まりましょうね!


小西なめこ園

小西美好さん・聖子さん

栃木県高根沢町で、なめこを栽培する専業農家。兼業農家だった実家の跡を継いだ美好さんは2代目。菌床栽培の設備をととのえることで通年栽培を可能とし、専業農家へと転換する。収穫したなめこは、おもに高根沢近辺の道の駅、直売所のほか、給食用にも出荷。妻の聖子さんは収穫を手伝うほか、Instagramなどを通じてなめこレシピを発信し、消費拡大に向けてPRしている。
●Instagram ID @little.west.s.m.farm
●贈答用の株付きなめこは予約で受け付けています(販売期間10月~3月)。問い合わせは下記まで。
電話:028-676-1075