【リュウジレシピ】水を一滴も使わない「至高の無水肉じゃが」作ってみた!具材にうま味がギュギュッ!

写真拡大 (全8枚)

和風料理の定番「肉じゃが」。小学校の家庭科の授業でも作りそうな定番ですが、いつまで経っても難しい。煮崩れたり、反対に生煮えだったり、味しみ感が浅かったり…。こんな悩みの一切合切を、ついにリュウジさんが解決してくれました!「至高の無水肉じゃが」です。そうです、水を一滴も使わないことが、おいしい肉じゃがの近道だったんです!さっそく詳しく紹介していきますね。

【リュウジレシピ】肉じゃが食べたいけど玉ねぎが高い…それならリュウジさんの「シン・肉じゃが」作ってみよ♡

リュウジさん考案「至高の無水肉じゃが」


こちらがリュウジさんのTwitterです。
3.7万いいねされています。

「めっちゃおいしそう」「お酒が進みそう」「とてもおいしかった」「何回もリピしてます」というコメントがありました。
既に何回も作っている方やおいしかったの声が多く、ますます期待が高まります。

「至高の無水肉じゃが」の材料はこちら

【材料】
豚バラ薄切り肉…250g
じゃがいも…3個(400g)
にんじん…1本(300g)
玉ねぎ…1個(250g)
しらたき…200g
しょうが…15g
ゴマ油…大さじ1と1/2
塩・こしょう…各少々
しょうゆ…60ml
酒…90ml
白だし…大さじ2
砂糖…大さじ2

リュウジさんのレシピは、家にある調味料で済むのがうれしいところ。
手軽に試せるので助かります。

下準備をします。

じゃがいもは食べやすい大きさ、にんじんは皮がついたまま小さめの乱切り、玉ねぎは7~8mm程度の厚さにスライスします。
しょうがは皮がついたまま千切りにします。
豚バラ肉は一口サイズにカットし、塩、こしょうで下味をつけます。
しらたきはザルに入れ、40℃前後の水道水で軽くゆすいで臭みをとったらキッチンばさみで食べやすい大きさに切ります。

さっそく作っていきます。

冷ましてから温め直すと味がよく染み込む

1.  フライパンにゴマ油を入れ中火で熱し、豚肉を炒めます。
豚肉にある程度火が通ったら、あまり動かさずに焦げ目をつけ香ばしさを出します。

2.  じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、しらたきを入れ、油を馴染ませるように2~3分炒めます。

3.  しょうが、砂糖、酒、白だし、しょうゆを加えます。

4.  調味料を馴染ませたら、ふたをして弱火で25分煮ます。
途中でかき混ぜながら焦げないように注意します。

5.  器に盛ったら出来上がり。

具材を切る手間がかかりますが、あとは順番に入れて煮込むだけなので簡単でした。
煮込んでいる際はほかの作業ができるので時短にもなりますよ。

作ってすぐに食べましたが、口に含むと野菜、肉、だしのうまみがじゅわ~と広がりました。
じゃがいもはほっくり、玉ねぎはとろとろ、にんじんも柔らかく中まで染みこんでいます。
無水なので、味が濃厚でご飯が進む進む!ついでにお酒も進んでしまいます♪

作ってすぐもおいしかったですが、残ったものを次の日に温めてみるとびっくり!
より味がギュギュッと染みて濃厚になっていました。
冷ましてから温めて食べるのをおすすめします。

たしかに冷めてもおいしいのでお弁当にもぴったりです。

リュウジさん曰く、からし、タバスコ、ラー油などで味の変化を楽しむのもおすすめなんだそう。
わたしはバターを入れてより濃厚に仕上げるのもおいしそうと思いました。

今晩のおかずにいかがでしょうか。

じゃがいもを皮ごと食べる際の注意点

じゃがいもには、炭水化物やビタミンなどの栄養が豊富な反面、微量の天然毒素が含まれます。食中毒を防ぐために以下の点に注意してください。
1. 緑色に変色していたり、芽が出ていたりするじゃがいもはその部分を含めて大きめに取り除きます。全体に緑色だったりあちこち芽が出ていたりする場合は、食べないようにしましょう。

2. 体の小さな子どもは、大人より食中毒になりやすいので、皮つきのじゃがいもを食べさせないようにしましょう。

3. 皮つきのじゃがいもを大量に食べないように注意しましょう。

4. じゃがいもを買ったら長期保存せず、できるだけ早く食べるようにしましょう。

5. 家庭菜園や学校などで栽培したじゃがいもは、かならず皮を剥いてから食べましょう。