「聖子と沙也加ちゃんはアーティストとして、そして人間としてもまったく対照的でした」

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

 そう語るのは、歌手・松田聖子を発掘した“生みの親”であり、『青い珊瑚礁』『赤いスイートピー』をはじめとする1980年代の楽曲をプロデュースしてきた若松宗雄氏(82)。実は若松氏は、昨年12月に亡くなった聖子の愛娘・神田沙也加さんを預かり、芸能界デビューさせている。


若松宗雄氏 ©文藝春秋

「若松さん。娘がね、芸能界に入りたいって言っているの」

 若松氏のもとに聖子から相談があったのは、1999年頃のこと。話を詳しく聞いていくと、聖子が沙也加さんの芸能界デビューを快く思っていないことが伝わってきた。芸能界の厳しさを体験していることもあってか、「そんなに甘い世界じゃない」と娘を言い聞かせたという。

「じゃあ、沙也加の面倒をみてやってください」

「聖子、そんなふうにダメダメって一方的に言っちゃいけないよ」

 若松氏がそう諭すと、聖子は「じゃあ、沙也加の面倒をみてやってください」と、娘の行く末を若松氏に託したのだった。

 当時の沙也加さんはまだ中学2年生。若松氏にすぐになつき、事務所によく遊びに来るようになったという。

「夕方、制服姿の沙也加ちゃんが現れると、私の仕事場に2人で座ってお喋りをしたものです。彼女はその日に学校であったこと、芸能界のことを含めて将来の夢を聞かせてくれました。

 沙也加ちゃんは、話し相手が出来たことが嬉しかったのでしょう。週に3回程度、顔を出してくれました。友達が多いタイプではなかったですし、母親の聖子は自分の仕事に精一杯。母と娘としての時間は、ほとんど取れなかったはずです。父親の神田正輝さんとは会っていたようですが、沙也加ちゃんは年頃の女の子らしく、『ママは私の気持ちをなかなか理解してくれていないのかなあ』と、不安な顔をすることもありました」

「親子でも手紙の書き方は全く違いました」

 沙也加さんが手紙を手渡してくれることも。若松氏はその手紙を、かつてデビュー前の聖子から送られてきていたものと重ね合わせた。

「面白いことに、親子でも手紙の書き方は全く違いました。聖子からデビュー前に送られてきていた手紙は、『なんとかデビューしたい』と強烈なエネルギーを発していて、彼女の思いが一直線に向かってくるような内容でした。

 一方で沙也加ちゃんの手紙は、聖子ほど直接的ではありません。行間から思いが滲み出ていて、読み手のなかにすっと内容が入り込んでくる。『この子は非常にクリエイティブな才能を持っているんだな』と思わされました」

 沙也加さんは2001年、江崎グリコのCM出演で大きな注目を集める。その後の芸能活動も順調のように見えたが、次第に沙也加さんのプロデュースを巡り、若松氏と聖子の間で方針の違いが浮き彫りになっていく――。

 10月7日発売の月刊「文藝春秋」では若松氏のインタビューを10ページにわたって掲載。若松氏は、聖子のプロデュース秘話、母娘の人間としての対照性、沙也加さんとの別れについて語っている。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2022年11月号)