(写真提供◎越乃さん 以下すべて)

写真拡大 (全3枚)

圧倒的なオーラを放つトップスターの存在、一糸乱れぬダンスや歌唱、壮大なスケールの舞台装置や豪華な衣裳でファンを魅了してやまない宝塚歌劇団。初の公演が大正3年(1914年)、100年を超える歴史を持ちながら常に進化し続ける「タカラヅカ」には「花・月・雪・星・宙」5つの組が存在します。そのなかで各組の生徒たちをまとめ、引っ張っていく存在が「組長」。史上最年少で月組の組長を務めた越乃リュウさんが、宝塚時代の思い出や学び、日常を綴ります。第31回は「宝塚のトップスター」のお話です。(写真提供◎越乃さん 以下すべて)

【写真】トップスターだけが背負える羽根。公演ごとにデザインが変わる

* * * * * * *

前回「家庭を顧みず妻にも愛されない夫…念願の『ロミオとジュリエット』のキャピュレット卿を射止め「退団」の二文字が見えてきた」はこちら

トップスターになれるのは、ほんの一握り

宝塚には組ごとに、「トップスター」と呼ばれる男役がいます。
トップスターは常に公演の主役を務め、組の顔となります。
公演のフィナーレに、大きな羽根を背負って大階段から降りてくる姿は神々しく、
大きな背負い羽根はトップスターの象徴です。

オーストリッチや、キンケイ、ギンケイの羽根で作られた背負い羽根は、
全長約2m、重さは10kg以上あるそうです。
もちろん私は背負ったことはありません。

400人を超えるタカラジェンヌの中でトップスターになれるのは、ほんの一握りです。
歌、ダンス、芝居の三拍子が揃っているだけでなく、容姿の華やかさ、スター性を兼ね備えた選ばれし者…それが宝塚のトップスターです。


若々しくフレッシュでかわいらしかった頃

月組で初舞台を踏み、月組で育った私。
21年間在籍した間に、9人トップスターさんが変わり、
それぞれのトップスターさんのもとで、様々なことを学びました。

今回はそんなトップスターさんのお話です。

手の届かない雲の上の存在

初舞台は1993年、月組の『グランドホテル』という公演でした。
まだどこの組にも所属していない「研一」の時です。
トップスターは、涼風真世さん。
私の初舞台は、涼風真世さんの退団公演でした。

そもそも初舞台生は稽古場で皆さんとご一緒するという時間があまりないため、
実在するのか!?というくらいトップスターさんは雲の上の方でした。
お話しした記憶も皆無…。
近付く事など恐れ多いという感じでした。

涼風真世さんは、フェアリータイプな男役さんで、
華奢で中性的な、何とも言えない魅力のある方でした。
ガタイのデカい私には、「フェアリー」という響きさえも遠く感じました。
フェアリータイプな方が、最後の公演で死を間近にした鬼気迫る主人公を演じ
まったく違う色を出されていて、
ものすごい演者だったんだなぁと後になって思いました。

涼風真世さんはとにかく雲の上のお方。
かすみを食べていたに違いありません。
トップスターとは、手の届かない雲の上の存在だということを教えてくれた方でした。

ただただ「憧れ」を抱いた存在

次のトップスターは、天海祐希さん。
宝塚には「男役10年」という言葉があり、
男役として完成されるまでに10年はかかると言われています。
そんな中で、天海さんは宝塚史上最速の、入団してから7年目でトップになられた方です。
トップスターになるべくしてなった天性の才能と、
誰をも魅了する圧倒的な華を持った方でした。

これまた雲の上の方でしたが、天海さんは時折下界に降りてきては、
下級生と一緒に笑ったり遊んだり、
私なんかにも、リュウちゃん!と気さくに声をかけてくださいました。
なんと嬉しかったことか。 

そして、あなたも背が高いし大きいからと直にアドバイスをしてくださり、
男役の手の使い方は、天海さんから習いました。

自然体でかっこよく、おおらかで、ポジティブで、
すごいトップさんなのに、仲間には大きな壁を作らない……
そういう方でした。
天海さんから学んだ事はずっと私のベースになっています。

真似ようとも真似のできない唯一無二のトップスター。
ただただ「憧れ」を抱いた存在でした。

気がつくと癖になる私の中の「ダンディー」

天海さんが2年余りで退団され、次を継いだトップスターは、久世星佳さん。
天海さんとは全く違ったタイプの
落ち着いた大人の男性役がしっくりくるとても素敵な方でした。
「ダンディー」という言葉は、
舘ひろしさんとこの方の為にあるんだろうなぁと思っていました。
独自の雰囲気を持たれていて、
あぁこういう男役像というのも素敵だなぁと教えてくれた方でした。

越乃リュウ、このときまだ3年目の若々しくフレッシュでかわいらしかった頃。
自分がどんな男役になるのかさえまだわかりませんでしたが、
久世さんの大人の雰囲気と、ダブルのスーツに心惹かれていました。

『バロンの末裔』という作品が大好きで大好きで、
久世さんの為に当て書きされたその作品は、オシャレで、美しくて切なくて、
大人の男の美学が詰まっていました。

トップさんが変わると、作品も雰囲気もこんなにも変わるんだということを
初めて経験しました。

久世星佳さんというトップスターは、寡黙なイメージですが、
実はチャーミングな面もたくさん持った
気がつくと癖になる私の中の「ダンディー」です。

みんながついて行きたくなる人

次のトップスターは、真琴つばささん。
常に全力投球の方。
トップさんになるといい意味で、皆さん 
「魅せるための休止符」のようなものをお使いになったりするのですが、
この方は常に200%って感じです。止まりません。
たとえ振りを間違えてしまっても、とにかく止まらない!
絶対に止まらない!
止まったら死ぬ!みたいな勢いがありました。

稽古場でも常に200%!
振り付けの先生と一緒に考えてアイデアを出したり、
演出家と一緒に悩んだり、そういう場面を何度も見てきました。
スゴイ人だなぁと、いつも感心して見ていた記憶があります。

みんなの為に、よい作品を作る為に、お客様に喜んでいただく為に
常に全力を注ぐ人。
全力で向き合うことが大事だと教えてくれたトップさんでした。
そんなトップさんの背中を見て、みんながついて行きました。
ついてこいと言われなくても、みんながついて行きたくなる人でした。

退団されるときに書いてくださった手紙があります。
「そういう感性を持っているリュウちゃんが素敵だと思います」

人と違う感じ方をすることを素敵だと言ってくださったことも、
その時の嬉しかった気持ちも、今もはっきり覚えています。
大好きなトップさんでした。

どんな環境に身を置くか、誰のもとで学ぶかで、
人生は大きく変わっていきます。
宝塚の中で、トップさんの影響というものはとても大きく、
いろんな刺激や影響を受けて、今の私が形成されました。


宝塚の「花の道」にある銅像

ここまでは、私がまだ新人公演をやっていた頃、7年目までのトップさん達です。
この後、更に個性あふれる5人のトップスターの登場です。

To Be Continued